「SDGsいしかわ・かなざわダイアローグ」総括シンポジウム 参加申し込み受付中


 
地域の未来を SDGsでカタチにしよう
 
今週土曜23日、「SDGsいしかわ・かなざわダイアローグ」総括シンポジウム『地域の未来をSDGsでカタチにしよう-Localizing SDGs-』が開催されます。
 
国連持続可能な開発目標(SDGs)の普及活動により石川県内ではのべ3000人以上の方が何らかの形でSDGsダイアローグと事業に関わっておられます。
そこから生まれた様々な成果を報告やこれからの地域の未来を具体化し総括していきます。
SDGsにご興味がある方はもちろんのこと、いち早くSDGs未来都市に認定された白山市、珠洲市の取り組みや金沢市のこれからの具体策議論などが予定されており、これからSDGsに取り組もうとする自治体の関係者の方のご参考になる内容となっておりますので、ぜひご参加ください。
 
弊社代表の福島もセッション2にてパネリストとして参加し、ソーシャルデザインについてお話しさせていただきます。

 
■ 概要
イベント名:「SDGsいしかわ・かなざわダイアローグ」総括シンポジウム『地域の未来をSDGsでカタチにしよう-Localizing SDGs-』
日 時:2月12日(火)19:00~20:30
場 所:金沢市文化ホール
参加費:無料
参加申し込み:http://ouik.unu.edu/events/2086よりお申し込みください
主 催:金沢市、国連大学 サステイナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット
 
タイムテーブル
3:20~13:30  開会
13:30~15:00 セッション1 ~地域でのSDGs推進における 自治体の役割とは~
15:00~15:20 ~コーヒーブレーク~
15:20~16:50 セッション2 ~SDGsパートナーシップ のデザイン とは~
16:50~17:00 閉会挨拶

 
~ 同日開催イベント ~
13:00~13:15 金沢SDGs 3者共同発表
・三者(金沢市・OUIK・JC金沢)挨拶
【金沢市(山野市長)・OUIK(渡辺OUIK所長)・JC金沢(仲泉2019年度理事長)】
・今後の金沢のSDGs(5つの柱の説明)
・宣言式

上へ戻る